toggle

Yoshikazu Shiobara

塩原良和

慶應義塾大学法学部教授

1973年生まれ。慶應義塾大学大学院社会学研究科後期博士課程単位取得退学。博士(社会学)。専門領域は国際社会学・社会変動論、多文化主義・多文化共生研究。オーストラリアと日本を主なフィールドとして、多文化化する社会における共生のあり方について考察している。主著に『分断するコミュニティ』(法政大学出版局、2017年)、『分断と対話の社会学』(慶應義塾大学出版会、2017年)、『共に生きる』(弘文堂、2012年)、『変革する多文化主義へ』(法政大学出版局、2010年)、『ネオ・リベラリズムの時代の多文化主義』(三元社、2005年)、『社会的分断を越境する』(共編著、青弓社、2017年)、『変容する国際移住のリアリティ』(共編著、ハーベスト社、2017年)など。