toggle

Masayuki Okahara

岡原正幸

慶應義塾大学文学部教授/障がい学生支援センター準備室代表

1957年東京生まれ 慶應義塾大学経済学部卒業 大学院社会学研究科 学部時代に重複障がいの子供たちと遊ぶサークル(東京女子大学内)、障がいある子供をめぐる当事者グループ(「医療と教育を考える会」東京大学付属病院小児科)に参加、また養護学校義務化反対、優生保護法改悪阻止などの運動にも参加。80年代より障がい者の自立生活に関わり、『生の技法』出版。その後は障がい者と性をテーマにNPOノワールとの共同イベントを多数。『身体障害者の性活動』「障害者の性を考える」(『地域リハビリテーション』)。『対立を乗り越える心の実践 障害者差別にどう向き合うか」など関連図書多数。性についてもソフトオンデマンドのセックス全国調査の分析など。